くずまき歯科診療室 HOME  > ドクターズコラム目次  > 

ドクターズコラム第60回「知覚過敏についてA」

ドクターズコラム第60回「知覚過敏についてA」

自分でチェックしてみよう
根本が削れる歯の場所はさまざまで、前歯だけであったり、奥歯だけであったりします。
削られ方の多くは1本だけ削られたようになるのではなく、数本にわたり 同じように削れていきます。

チェック方法

●指の爪で歯の根元から歯の方向になぞります。削れてきている場合は、根元近くで爪が引っ掛かります。

●正常な場合は、歯の根元から頭の部分まで引っかかることなくスムーズになぞることが出来ます。

●歯の根元に段差が出来ても、その時点で症状がなければ問題はありません。


症状

●水がしみる
根元の段差が大きくなると、象牙質が露出して、水を口に含むと刺激を感じ、知覚過敏のような症状が出ます。


●被せ物の根本に段差が出来る
歯をかぶせてある場合でも、被せ物と歯肉の境目が削れると段差ができ、見た目にも問題が出てきます。


●ブラッシング時の痛み
ブラッシング時に歯ブラシが当たると、歯がしみたり痛みが出たりすることがあります。


●時間と共に段差は大きくなる
歯の外側の硬いエナメル質は非常に薄いので、内部の柔らかな象牙質に達すると、段差がどんどん大きくなっていきます。


※ 最近では、歯の根元が段差になるのは、硬い歯ブラシを使い、研磨剤入りの歯磨き剤で磨くからだけではなく、噛み合せの時に発生する力が根元に集中するために、歯の根元が削られたようになるといった考え方が一般的になってきています。



知覚過敏を疑う前に

歯への刺激は以下のような原因で起こることがあります。 水などがしみると感じたときには知覚過敏を疑う前に、 歯医者さんできちんと検査してもらうのが一番です。


■虫歯

歯に虫歯の穴が開いていて、水がしみる。

■歯周病

歯周病により、歯肉の中に隠れているはずの歯の根元が露出したり 歯肉が腫れて歯がしみやすくなる。

■噛み合わせ

歯が削られたようにえぐれてしまうのは、ほとんどが噛み合わせ不良が 原因だと考えられる。

■歯磨き

毎日の乱暴な歯磨きによって歯肉や歯の根元が削り取られ、 歯が刺激を受ける。

知覚過敏の治療法

知覚過敏の治療法には、進度によって薬を使用したり、 詰め物をするなどがあります。



1)薬剤の塗布・充填

刺激を遮断する効果のある薬剤を知覚過敏の部分に塗布したり、 樹脂を詰めたりします。


※歯垢が除去できていないと再発します。
※露出した象牙質表面に、硝酸カリウムや乳酸アルミニウムなどの薬液を塗布します。


2)知覚過敏用歯磨き剤の使用

知覚過敏に対する薬効成分が含まれている歯磨き剤を使用します。 あくまでも補助的な治療法です。


3)神経を抜く(抜髄)

歯の神経(歯髄)に麻酔をかけて除去します。 症状はなくなりますが、歯髄をなくすため、歯はダメージをうけます。


4)ブラッシングで歯垢を取り除く

効果的な治療法と同時に予防法でもあります。 期間は多少要しますが、症状をかなり抑えることができます。


※虫歯、歯周病の予防にもなります。
知覚過敏の予防

知覚過敏を予防するには、歯肉を痛めるような生活をしないことがポイントになると言えます。 知覚過敏の予防を行うことにより、歯根が作られた後の象牙質(第二象牙質)が形成され、 象牙細管では石灰が沈着し刺激が感じにくくなっていきます。


予防方法

●正しい歯磨きをする。
「力を入れ過ぎない」「歯みがき剤を付け過ぎない」、使用する際には「知覚過敏対応の歯磨き剤にする」などの工夫をする。

●食事を見直す。
歯が溶けるような強い酸性の食べ物を過剰摂取しないようにする。


知覚過敏は自然に治るの?

虫歯や歯周病、噛み合わせなどの原因ではなかった場合、知覚過敏と考えられますが、歯が少ししみる程度であればさほど心配することはありません。 なぜなら、知覚過敏で歯が一生しみる状態のままになってしまう訳ではないからです。原因がはっきりしていない場合、短期間では難しくても、長期間(1〜3年)で治ることもあります。


※歯の中の神経が、刺激を受けにくくするように自分の力で修復する力があると言われています。
最後の手段として

『知覚過敏の治療法』でも触れましたが、少ししみる状態を通り越し、冷水などを含んだ時の刺激・痛みが我慢できないようになって しまった場合は、最後の手段として、歯の中の神経を取ってしまうことになります。
しかし、歯の神経を取ってしまうと歯に栄養分が運ばれなくなり、もろくなったり、歯の変色の原因になってしまったりします。

そうならないためにも正しい歯磨きを行い、歯の健康を保ちましょう。








釧路市北大通5-5 葛巻歯科診療室 0154-25-4875
くずまき診療室からのお知らせ 診療時間・休診日について
診療科目
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・咬合(咬みあわせ)・歯周病治療ほか…
診療受付時間
9:15〜13:00 / 14:30〜18:00
※土曜日の診療は午前中のみです
休診日
土曜日の午後・日曜日・祝日
診療時間・休診日一覧表
お支払いに利用出来るクレジットカード
分割払いも可能です。取扱カード日専連JCBUCライフVISAマスターカードニコスUFJDCOMCAMEXDINNERSセゾンカードがご利用出来ます。
※上記カードの他にも各種カードお取り扱いしております。
ページTOPへ