くずまき歯科診療室 HOME  > ドクターズコラム目次  > 

第6回「歯周病って、なあに?」

ドクターズコラム第6回「歯周病って、なあに?」

歯周病 歯周病というのは虫歯とはちがって、歯そのものの病気ではありません。
歯ぐきや、歯の骨など、歯を支えている組織の病気のことです。

成人の9割がかかっているといわれていますが自覚症状がなく、静かに進行する恐ろしい病気です。 これらが炎症を起こすと、歯ぐきから血が出たり、腫れたり、痛みがでたり、また、歯がぐらぐらしてきて抜けてしまいます。

心臓病やガン、肺炎、アルツハイマーなどにもなりやすくなります。

どうして歯周病になるの?
【1】全体的なもの

思春期・妊娠・糖尿病などのように、体のホルモンのバランスがくずれたり、栄養障害(カルシウム・ビタミンなどの不足)によってなる場合があります。


【2】汚れによるもの

歯の周りの汚れ(主に食べ物のカス)、一般に歯垢(しこう・プラーク)と呼ばれているものがつくと、細菌の働きによって歯石(しせき)となります。
これによって歯周組織が炎症を起こします。


歯周病の原因は噛み合わせ

【3】噛み合わせによるもの

歯ぎしりをする人は、隣の歯で力をかけて、ギリギリと隣の歯をゆらします。
この状態が続くと、徐々に歯の骨が壊され、炎症を起こしてしまいます。


どうして痛くなるの?
歯周病はどうして痛いの? 【1】ズキズキ痛む

歯ぐきに膿(うみ)がたまってくると
痛みが出ます。


【2】水などがしみる

炎症が歯の根の先までくると歯の神経まで炎症を起こしてしみるようになります。また歯肉がさがってくると、歯の感じやすい部分が露出し、しみるようになります。


【3】噛むと痛い

歯の周り全体が炎症を起こすと痛むようになります。

次回コラムは、『歯周病〜どうすれば健康的な状態になるの?』です。

釧路市北大通5-5 葛巻歯科診療室 0154-25-4875

くずまき診療室からのお知らせ 診療時間・休診日について
診療科目
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・咬合(咬みあわせ)・歯周病治療ほか…
診療受付時間
9:15〜13:00 / 14:30〜18:00
※土曜日の診療は午前中のみです
休診日
土曜日の午後・日曜日・祝日
診療時間・休診日一覧表
お支払いに利用出来るクレジットカード
取扱カード日専連JCBUCライフVISAマスターカードニコスUFJDCOMCAMEXDINNERSセゾンカードがご利用出来ます。
※上記カードの他にも各種カードお取り扱いしております。
ページTOPへ